アーカイブ | 6月 2014

クレジットカードって便利で使いやすい

友人に言われました。「クレジットカードで支払うのって、恥ずかしい」と言われたのです。私はいつでもクレジットカードで買い物をしています。
食料品も洋服も、外食だってそうなのです。そんな私を見て、友人がこう言ったのです。でもその意味が私にはわかりませんでした。
私は三年前から、クレジットカードを持っています。審査の早いクレジットカードを選んで作りました。最初はいざという時のために、持っていようと思ったのです。でもいつの間にか、気が付いたらずっと使っているのです。
コンビニでガムを買う時にも、駅で本を買う時もそうなのです。だから本当に、クレジットカードって便利で使いやすいのです。
それなのに、こんな事を言われてとてもショックです。別に恥ずかしいなんて思った事はありません。どこが恥ずかしいのか、聞いてみたのです。
すると現金を持っていないみたい、借金しているみたいと言うのです。確かにそうかもしれません。
現金は持ち歩かないようにしています。そして借金だという感覚はないですが、後払いなのでそうなのでしょう。でもそれが恥ずかしいとは思いません。
私はちゃんと請求書がきて、支払っているのです。それなのに、恥ずかしい事ではないと思うのです。だから二度とこんな事を言わないでほしいのです。

クレジットカードのキャッシング枠を設定する

今ではクレジットカードを作る際にはキャッシング枠をどうするかを自分で決めることができるようになっているようです。少し前まではクレジットカードのキャッシング枠はあることが普通で自分で選択できるのはその初めの限度額だけでした。
私が所有しているクレジットカードは現在3枚でありますが、メインで使用しているクレジットカードにはある程度の額が利用できるキャッシング枠を設定しています。あとの2枚のクレジットカードはキャッシング枠は設定されていません。
キャッシング枠を設定してはいますが、今まで非常に少額を年に一度か二度利用するだけで大きな金額はほとんど利用したことがありません。クレジットカードのキャッシング枠を設定するのはいざというときのためというぐらいしかありません。クレジットカードのキャッシング枠は金融会社の新たなキャッシングを申し込みの時の審査がすでに終わっているという状態で好きな時に利用できるので設定しておいているということです。
例えば、そういう設定をするとキャッシングをよく使用してしまうというような人はやはりキャッシング枠を設定するのはやめたほうがいいのでしょうが、通常にクレジットカードを利用するような人は少し設定しておいた方が利便性が高いと思われるのです。